Dream Design Labについて

ドリームデザインラボ
一級建築士事務所

FORMGIVINGでは、
Dream Design Lab
(ドリームデザインラボ)
一級建築士事務所

施工とは別の独立した組織として併設しています。

FORMGIVINGは、ひとりひとりのお客様の「理想のイメージ」から
建築にアプローチしたいと考えているからです。

Dream Design Lab(ドリームデザインラボ)一級建築士事務所

「理想のイメージ」の中には、心地よさを感じるデザイン性、暑さ寒さをしのぐ快適性、シェルターとしての安心感等の様々な要素が複雑に絡み合い、またそのバランスもひとりひとりのお客様によって異なります。

このように、設計者にはひとりひとりのお客様が想う「理想のイメージ」をバランスよく叶えることが求められます。

一方で施工者は、作り手としての立場で、その設計が確かな建築物として成立するよう、「現実的な課題」を解決するために知恵を絞ります。

1つの建築物を作る上では、設計者と施工者の協力体制が欠かせませんが、お客様の「理想のイメージ」からアプロ—チした建物と、施工者にとっての「現実的な課題」からアプローチした建物とでは、結果が大きく異なることをご理解いただけるでしょう。

Dream Design Labは、人それぞれの個性と機能性を同時に重視し、「理想の空間デザイン」がどうあるべきかを常に意識しながら住宅、施設・ビルの設計を手がけています。

FORMGIVINGでは、ひとりひとりのお客様の理想の暮らしからアプローチします。まずは理想の生活スタイルをお聞かせください。

01

APPROACH

設計のアプローチ

設計のアプローチ

Dream Design Labでは、平面計画や外観、仕上げなど建物の骨格を決める基本設計を特に重要視しています。

デザインやコストなどの重要な部分は基本設計で決まりますので、何度も打合せをしながら丁寧に検討を進めます。

担当設計者自身が日や時間を変えて、何度も建築予定地に赴きます。日当たりや眺望はもちろん、風向きや交通量を詳しく調査し、お客様の暮らしをイメージしてベストなプランをご提案します。

また施設・ビル建築では、快適に過ごせること、近隣・景観のこと、地域社会との共存、そして社会の中で永く利用され続けることを意識したご提案をしています。

02

POLICY

大切にしていること

大切にしていること

建物はただの「器(うつわ)」ではありません。

例えば住宅は一生の大半を過ごす場所とも言われています。住宅は人が生きる「場」であるとともに、ともに成長していく「パートナー」でもあります。

ご家族にとって、その場で過ごす時間の影響力は計り知れません。

家族の営みの中で、ふとした瞬間に見える緑や揺れる影。
時間によって変わる光の色。
経年変化し、味わい深くなっていく素材。

こうした日常の中での様々な気付きは、暮らす人の感性を豊かにしてくれるはずです。

私たちは対話の中でお客様の想いを感じ取り、それを形にし、設計に反映できるよう心がけています。

「何年経ってもいいね」と言ってもらえるような、そんな空間をご提案します。